2017年5月17日水曜日

会派人事

 議会の人事は5月臨時議会で決定しましたが、会派内の人事も同日変更しました。
 「志政あやせ」の代表を私が務めさせていただくことになりました。
 私たちの会派は綾瀬市議会最大会派ですので、最大会派の代表は責任のあるポストです。
 また、議会運営委員会の委員長でもあることから、しっかりとした市議会運営に努めてまいります。

2017年5月15日月曜日

5月臨時議会

 5月11日に平成29年綾瀬市議会5月臨時議会が開催されました。
 任期2年が経ち、議会人事全体の改選によるものですが、正副議長は投票ということで決定していました。
 その結果、議長には我々「志政あやせ」の武藤俊宏議員、副議長には公明党の内山惠子議員となりました。

 私は、議会運営委員会(委員長)、総務教育委員会、基地対策特別委員会、広域大和斎場組合議員、下水道審議会委員を仰せつかることとなりました。

 2期目の折り返し、しっかりとその責任を全うしてまいります。

2017年4月26日水曜日

5月臨時議会に向けて

 平成28年度は、議会選出監査委員を拝命し、その責務に対して私なりに努めてきましたが、議会の慣例により5月11日をもって終わります。

 来月11日に臨時議会が行われ、ここで平成29年度の議会人事が決定します。
 この議会に向けて明日から会派代表者会議が行われます。

 そして、ここから2期目の後半に突入です。

2017年3月22日水曜日

明日は3月定例会最終日

 本日は、市内小学校10校の卒業式でした。
 私は、母校の天台小学校の卒業証書授与式に出席してきました。本年度の卒業生、特に女の子の装いが違うなという印象を受けました。いわゆる袴スタイルの着物というのでしょうか。
 卒業児童95名が、新たなステージで大志を抱き、大きく育ってほしいと思います。

 卒業、おめでとう!

 そして、明日は3月定例会の最終日です。
 今議会が終わると今任期の折り返しとなります。
 早いなぁと思いますが、前半の2年は色んな意味で坂を一生懸命登ってきましたから、後半の2年は突っ走ってまいります。

2017年3月3日金曜日

経済建設常任委員会

 本日は、私が所属している経済建設常任委員会が行われ、平成29年度予算を始めとした議案を審議しました。
 私は議員選出の監査委員をしているため、質疑は慣例によりしないことになっていますので、他の委員の質疑をしっかり聞かせて頂きました。

 その後、綾瀬市商工会青年部の創立50周年記念式典に出席してきました。

2017年2月16日木曜日

ふるさと納税返礼品競争について

 昨日、総務大臣がふるさと納税に対する自治体の取り組み状況について苦言されていました。本日も林横浜市長の発言が掲載されていましたが、「寄付という尊い行為が返礼品競争になっているのは本来の意味からは違和感がある」とのことでした。

 「ふるさと納税」が、本来の税制度の考えからはズレてしまっているということは、前回も書きました。そのことと返礼品の過剰競争ということを同じレベルで話すことではありません。
 「ふるさと納税」という制度は税体系としては間違っていると思います。

 ただ、地方自治体が一生懸命ふるさと納税額を増やそうとしていることは、地方の努力です。ある意味「食うか食われるか」なわけです。市外から自分のところに寄付をしてもらわなければ、市内から他の自治体に寄付され、自分のところに納められる税が控除され税収は下がるばかりなのです。

 また、お金に換えやすい商品券や家電などは返礼品にふさわしくないというような発言があったようですが、どんな返礼品でもお金に換えようとすれば出来るでしょうし、どの地域でも特産品があるわけでもない。「うちは工場の街だから、その工場で作っている家電を返礼品にすることで、地域の特性を知ってもらい、出来ればIターン、Uターン促進や労働力の確保につなげたい」ということもあるでしょう。
 特産や名産が無ければ無いなりに、知恵を絞ってやっているわけですし、逆に地方の努力を求めているのは国のはずです。

 そもそもこんな制度を作った総務省のトップが、地方のやり方に苦言をいう前に、制度としての見直しが必要なのではないでしょうか。

2017年2月7日火曜日

ふるさと納税について

 綾瀬市の平成28年度予算にいわゆる「ふるさと納税」に関する予算措置がされました。
 「地域活性化応援寄附金」と呼んでいると思いますが、当初の見込みは500万円でしたが、途中で補正予算を組み2000万円と大きく上回りそうだということでした。
 結局平成28年末の集計では、約1億5000万円になったようです。嬉しい悲鳴とはこのことですが、このふるさと納税という制度は国が決めた制度で地方にもアイデアで税金が入るというものです。
 しかし、所得税はともかく、住民税はその住んでいる自治体でサービスを提供しているにもかかわらず、ふるさと納税として寄附を受けた、普段の住民生活に何のサービスも提供していないだけでなく、災害時にもまったく助けてくれない自治体に税金が入るのです。この制度はたいへんおかしな制度なのです。

 しかし、綾瀬市がこの制度に力を入れることに反対するかと言えば、それはNoです。なぜなら、この制度がある以上、この制度を活用して寄附を受けなければ他の自治体に住民税を持っていかれるだけだからです。

 綾瀬市では、どうぜやるなら地域事業所の製品をアピールすることを主眼として「地域活性化応援寄附金」という名称になりました。